カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
雪月花庵月栗むし羊かん涼菓どらやき

神戸人図鑑

                         【お知せでーす!】

 只今放送中のJ:COMさん制作 『神戸人図鑑』に出演さして戴いてます。チャンネルは11(J:COMチャンネル)で、放送時間は、

月〜水、日   22:30

木〜土      8:00

18分間の放送で12月3日(日)までの放送です。

恥ずかしさ半分ですが、是非、ご覧下さい。取り急ぎご報告まで!

ひがしなだスイーツめぐり2017 その2

 笑福亭鶴光さんがMCをつとめられる J:COM さんの生放送番組 ❝ええ街でおま!❞(10月7日(土)の午後2時から3時まで)で、甲南大学の西村先生、スイーツめぐりのスタッフさん、お菓子屋の皆さんら17名と一緒に出演しました。 生放送では、鶴光師匠の軽妙でプロフェショナルなトークとアシスタントの田口万莉さんの絶妙な掛け合いが相まって、リハーサルも含めて3時間半があっと言う間に過ぎました。とてもすてきな時間を過ごせました。  その時の詳しい模様は御影クラッセのスイーツめぐりの和菓子の講演のお話のネタにとっておきますね! 乞ご期待!!。スタジオで記念撮影して戴いた写真を添えまーす。とりあえずご報告まで。 感謝。

                 matioma2

ひがしなだスイーツめぐり2017

❝ひがしなだスイーツめぐり2017❞が始まります。

 今年の限定スイーツは、神戸開港150年のロゴをあしらった和三盆製のお干菓子のセットと、

開港の時に海を越えてやってきたオリーブの木にちなんで「オリーブ酒饅頭」。これは、水と油の如く相容れないオリーブオイルと酒饅頭とのコラボです。試行錯誤の結果、灘のお酒とオリーブオイルとが相まってお口の中で、芳醇な大吟醸の香りが、まろやかな食感と共に拡がります。一度お試しあれ!!

3番目には、慶応四年以前創業の当店から150年のご愛顧に感謝のお礼と致しまして、懐かしさのある温故知新のどら焼きに東灘区の区章をあしらいました。スイーツめぐりの期間限定商品で販売させて頂きます。是非是非、ご賞味下さい。

 今年の御影クラッセでの和菓子教室は、10月14日(土)の。隠粥В娃亜銑■隠機В械亜舛裡臆鵑旅岷蕕任后昨年は、ご来場の皆様にパソコンの不調でご迷惑をおかけしましたので万全の準備で頑張らせて頂きます。ご来場お待ち致してます。

お月見 2017

 今夜は、お月見 8月の十五夜の中秋の名月ですね!読んで字のごとく旧暦では、秋の真ん中のまーるいお月様です。 でも、本来の満月は、10月6日(金曜日)になります。それはそれとして今夜は、お天気も良いようで絶好のお月見になりますね!お月見団子(こしあんときなこ)を是非、召し上がられて楽しみ下さい!!ついでに9月13夜の後の月は11月1日(水)です。できれば、片見月は避けて十五夜と十三夜の両方のお月様をご覧になってお幸せに。

お月見あん 芋名月(きなこ)          お月見だんご(こしあん)

2017 みかげ公園のあかりとひがしなだスイーツめぐり

 関西では猛暑だった夏も過ぎ、一雨ごとに秋の空気が入ってきました。秋と云えば今年もイベントが盛り沢山です。

まずはお月見、10月4日(水)は、中秋の名月です。八月十五夜お月様ですね。この満月は『先の月』と云い“芋名月”とも云い、お芋さんのできる頃収穫に感謝しお月様にお供えするものです。当店ではこしあんのお団子と小芋の形の黄粉のお団子をご用意させて頂きます。ご来店をお待ちしてます。先の月と云えば『後の月』があり、九月十三夜のお月様がそれにあたり“栗名月”と云われてます。何れにしても食欲の秋ですね。

そして、恒例になりました『みかげスイーツロードと公園のあかり』が、10月14日(土)13時から御影の公園でお菓子と燈火のイベントが開催されます。当店も参加させて頂きスタンプラリーですてきなスイーツがゲットできますよ。詳しくはホームページをご覧ください。

http://sites.google.com/site/mikageparks/

大勢の皆様のご来場をお待ちします。

平成29年迎春用 上生菓子

 今年もいよいよ押し詰まってまいりました。今年は、皆様にとりましてどんな年を過ごされましたでしょうか?私ごとで恐縮ですが、今年は怒涛のごとく押し寄せてきた現象を熟しつつ過ごした一年でした。年の初めは、先人からの勧めもあり一級の技能検定試験を受け、結果合格。よかったよかった!それで還暦の私は、五十肩になりご同業やら友人の皆様からは、日々の働きが足りんもっと精進せいよ!と叱咤激励ゕ!?されながら夏には当店の『神戸葛まんじゅう』が、関西テレビの“よーいドン!”で 『 本日のオススメ3 』に取り上げて頂き嬉しい悲鳴を上げさせて戴ました。季節は変わり中秋の頃10月11日に、神戸市役所に出向き『神戸マイスター』に久元市長様より認定して戴きました。私にとりまして身に余る光栄な称号の認定でございました。この認定は、先人の皆様、両親そしてこよなく当店をご贔屓賜りました皆様に広げて頂いた座布団の上ににちょこんと座らせて頂いた思いでございます。言葉では感謝を云い表せない感でございます。これからは、日々切磋琢磨させて頂き、一層精進して“和菓子”と“和”の伝統文化を伝えることに尽力させて頂ければと思います。これからも宜しくお願い申し上げます。詳しくは神戸市のホームページをご覧下さいませ。秋も深まってきた頃恒例の「技能フェスタ&グランプリ」「みかげスイーツロードと公園のあかり」「ひがしなだスイーツバス」・・・と続いた一年でした。乗り越えられてホッ!!です。感謝

それでは、皆様に幸で安穏で、安楽な新年をお迎え戴きたい思いを込めて迎春の生菓子を作らせて頂きました。干支は“酉”御題は“野”です。ご覧下さい。

平成28年迎春用上生菓子

 いよいよ今年もあと僅かになりました。如何お過ごしでしょうか?

 クリスマスを過ぎるとすぐにお正月、新年を迎えます。今年の冬は例年より少し暖かくて助かりますが、雰囲気がもうひとつですよね!そこで、迎春用の生菓子のお見本をお作りしましたのでご披露させて戴きます。少しでも和菓子で年の瀬、新年の情緒を味わって戴ければ嬉しく思います。

 迎える年の干支は『丙 申』。宮中の歌会始のお題は『 人 』です。えとにまつわる生菓子はこなし生地で“年の神”、上用製で“陽春”をお作りしました。上用の“陽春”はあまり見慣れない焼印が押してありますが、これは庚申信仰の「吊るしざる」と申しまして厄除けに使われる申さんの文様です。京都では、八坂庚申堂の「吊るし申」として、奈良町では「身代わりさる」や「願い申」と云う呼び名で親しまれています。京都や奈良にお出かけされたときは、おたずね下さい。それから、お題の『 人 』は、「おたやん」です。人から発想しておめでたい意匠はないかと考えましたら節分に使う「福笑い」に気が付きました。そこで御銘を「おたやん」と云う人にまつわる御銘にして、上用製で作らせて頂きます。

今年も何かとお引き立てにあずかり誠にありがとうございます。これから冬の寒さも本番です。くれぐれもお身体お厭い下さいませ。幸多き良い年をお迎え頂けます様心よりお祈り申し上げます。

                                    感謝

伊丹アイフォニック 文化サロン

 10月26日(月)の夜に伊丹アイフォニック文化サロンの話題探訪の講座でお話しさせて頂きました。お題は『季節の和菓子と和の心』です。90分の講座の中で、「砂糖の伝来とそれがどの様に日本各地に広まったか?」との御質問を頂戴しました。

 私の知る範囲では、西暦754年頃に鑑真和尚が唐の国から黒糖を持ってこられたと云う事くらいでしたので、この質問を持ち帰り ちっと、お勉強させて頂きました。それは・・・・・

 そもそも白砂糖は、黒糖を精製したものです。遣唐使であった鑑真が黒糖を日本に持ち込んでから1000年後の1727年、徳川吉宗が白砂糖の精製、製造の足掛かりを築いたのです。それは、琉球からサトウキビの苗を取り寄せ現在の浜離宮、江戸城のなかの吹上園中で試に栽培させたのです。なえの一部は、葛飾郡砂村新田、橘樹郡大師河原村そして駿河や長崎にも分けられました。ただ、今度は失敗しました。その約25年後に平賀源内が上質の白砂糖である三盆白を大坂の問屋・中島屋喜四郎に製造・精製を依頼したとあります。その製糖法は、1764年に本をを出版することで完成したのでした。要するに八代将軍吉宗が、日本のいろいろな地方でサトウキビの苗を試験栽培させた結果、日本全国で砂糖が作られる様になったと考えられます。

以上ですが、お答えになりましたでしょうか?

 90分の講座時間でしたが、和やかな雰囲気で包んでくれる、とても素敵な建築のホールでした。受講生の皆様には、とても熱心に取り留めの無い私の話をお聴き頂き嬉しゅうございました。また。そして、御礼状まで頂戴した方にはこの場を借りてお礼申し上げます。ありとうございます。

感謝

秋のイベントづくし

 朝夕に冷たさを感じられ、夜のとばりが下りるのが早くなりました。ご無沙汰致しました。 さあ!今年も秋のイベントが盛りだくさんです。順番に日を追ってご案内します。

10月17日(土) みかげスイーツロードと公園のあかり

今夜13時から20時頃まで。当店からも記念スイーツのプレゼントがあります。お楽しみに!!

10月17日(土)〜11月23日(月) ひがしなだスイーツめぐり

11月21日 。隠粥В械亜繊↓■隠機В械亜舛瞭鷁鵝

御影クラッセ4階で和菓子教室を開催させて頂きます。無料で、整理券が必要です。

10月23日(金) 13:30〜16:00まで 

神戸市立六甲勤労市民センター4階料理教室 和菓子教室(兵庫県菓子工業組合)

10月26日(月)19時〜 伊丹アイフォニックホール 

“季節の和菓子と和の心”と題して参加させて戴きます。詳しくは、伊丹アイフォニックホール 筺。娃沓押檻沓牽亜檻横隠隠亜http://hccweb1.bai.ne.jp/aiphonic/  までお問い合わせ下さい。

11月8日(日)10時〜 ポートアイランド神戸国際展示場3号館 。隠音〜、■隠柑〜 

こどものための体験和菓子づくり教室(神戸市生菓子協会主催)

などなど・・・・・イベントがいっぱいです。詳しくは当店までお問い合わせ下さい。参加されてお楽しみ戴ければ幸いです。

平成27年 迎春用 お生菓子

 いよいよ今年も年の瀬になりました。思い返すに、夏の終わりには広島で大雨、9月には、御嶽山の噴火、そして白馬村での大地震と、思いおこすだけでもこれだけの天変地変のすさまじい年になりました。関わられた方へのお見舞いと、亡くなられた方には心よりご冥福をお祈り申し上げます。         合掌

 さて、これから迎え様としている『羊の年』は、平穏で羊毛の感触を思い起こさせるような柔和でこころ暖まる年になりますようにと、祈りつつ「迎春用のお生菓子」のお見本をご提案させて頂きます。このお菓子で、すてきなこころ暖まる年の瀬、そして、光り輝く新年を、お迎え頂きましたら嬉しい限りです。

                       迎春用生菓子27

若菜の上にあるもじゃもじゃしたきんとんは、干支のお菓子で御銘は『福羊』です。右となりは、根曳きの松に金箔をあしらいました。この迎春のお生菓子は、本日から販売させて頂きます。

 今年も、お引き立てにあずかり誠にありがとうございます。どうぞ良い年をお迎え下さい。

                                               感謝

ページトップへ